ハゲを笑いのネタにできるほど開き直れない私

テレビをつけると、毎日のようにハゲている芸人さんが出ていますね。

そして必ずハゲについてつっこまれて、会場には笑いが起きています。

芸人さんはそれがオイシイのかもしれませんが、一般人の私からすると、正直そういうのは迷惑です。

ハゲは笑い者にしていいという風潮は、ハゲにとって良いものなのでしょうか?

少なくとも私はハゲを笑いにできるほど開き直れていないので、ハゲと笑われたら落ち込みます。

芸人さんのようなメンタルがあれば生きやすいのかもしれませんが、そう簡単に性格は変わりませんからね。

こんな私はなんとか薄毛から脱却すべく、育毛剤やらマッサージやら、いろいろと行っているわけです。

でもなかなか薄毛の進行を止めることはできないですね。

育毛グッズにけっこうなお金をかけているのですが、お金をかければハゲが良くなるというわけでもありません。

これが薄毛治療の難しいところでしょう。

それにしてもこんなに医療が進んでいるのに、どうしてハゲ治療は一向に進まないんでしょうね。

私が生きているうちに、誰にでも効く薄毛治療薬が発売されることを願います。http://anupamsrivastava.com/

ハゲも見せ方によってはかっこいい

歳を重ねると頭皮が薄くなる人がいます。

遺伝的な要素がほとんどと聞きますね。

周りにもいますが、ハゲを隠すために必死だとなんだかなと思ってしまいます。

堂々としておけばいいのに。

ただ、薄い髪で堂々とするのも難しいと思います。

私でしたら思い切って坊主にしますけどね。

その方が潔いと思います。

ただハゲ方によってはかっこよく見えるときもありますね。

私の高校時代の教師でM字ハゲの人がいたのですが、かっこよく見えました。

顔立ちが整っているのもありますが、ハゲへのコンプレックスが感じられないのです。

薄毛の人はどこか後ろめたい気持ちを抱えていると思います。

それが余計に印象を悪くしているのだと思います。

その先生みたいに、自信に溢れた表情をしていれば気になりません。

仕事ができ、定期的に体を鍛えているのもかっこよく見える理由かもしれません。

M字ハゲはハゲ方としては良い方だと思います。

前の方から薄くなっても、上の髪の毛でカバーできたりしますからね。

坊主にしても様になります。

ハゲを活かした髪型を提案できるサロンがあると、流行ると思いますね。ハゲの記事